【独り言】

【バレンタインチョコ】板チョコ買うならドラッグストアがおすすめ!

もうすぐバレンタインデー(2月14日)の日が近づいてきました。世の中の女性は愛する男性や、お世話になった人、職場の人などに感謝の気持ちや愛をこめてチョコレートに閉じ込めプレゼントを渡す日です。そんな特別な日に手作りのチョコレートを作ろうと思っている方に朗報です!

バレンタインチョコの原料と言えば

板チョコですが、ドラッグストアでは近年「板チョコが安い!」と話題になっています。コンビニやスーパーで板チョコを買うとだいたい1枚「100円」程度。ドラッグストアだといくらぐらいなのか?気になるところですが、実際店舗に足を運ぶと物によっては「100円」を切ります。最安値では1枚「68円」というのも見かけます。

板チョコの最安値は?

ドラッグストアにもよりますが、前述でも述べた通り「68円」ぐらいが最安値になります。お店によっては1枚「78円」に設定してあり、10枚まとめて買うと(1ボール)「698円」などと設定しているお店もあります。

板チョコの種類と人気は?

今現在、ドラッグストアでよく売れているチョコレートは明治の「ミルクチョコレート」が一番人気です。これはドラッグストアに限らず全国的に人気ナンバーワンのチョコレートではないでしょうか?1ボールだけでは足りず、バレンタインチョコを大量に作りたいときは10ボールも買う人もいるのだとか。

ロッテの「ガーナ」も人気で、こちらもまとめてボールで購入する人が多いです。明治のミルクチョコレートと味を比べると、甘みは少し抑えられているような気がしますが、好き嫌いの好みは人によってあると思いますので、明治かロッテかどちらを選ぶかはあなた次第かと思います。

あと、明治、ロッテ以外のメーカーでは、「森永ダース」も人気のチョコレートです。12個に分かれていますが、一度とかして混ぜるなら一緒だと思います。個人的にダースは好きですので、(味も好き)バレンタインチョコを作るならこちらがおすすめです。

最後に、こちらもおすすめ「ブルボンアルフォート」チョコとクッキーが一緒になっているタイプですが、溶かして混ぜても美味しい。値段も実は安いので、チョコとクッキー両方買うぐらいなら最初からこちらを選ぶのが正解です!メーカーが最初から合うように作ってますので、クッキーアレンジしたい人にはこちらがおすすめかもしれません。

買うなら早めがおすすめ!

チョコレートは基本賞味期限などは長めに設定されています。バレンタインデーの時期は1年でチョコレートが一番売れる時期ですので、ドラッグストアやスーパーは多めに仕入れていることが多いです。特に2月に入ると急激に売れます。(2月1日~13日ぐらいまで)バレンタインデー前の土日がだいたいピークを迎えます。しかしドラッグストアでも在庫が品薄になる可能性もあります。(予想以上にチョコレートが売れすぎて)欲しいミルク味のチョコが売り切れてブラックとホワイトしか残っていなかったり、板チョコ事態が売り切れて、値段が高めのチョコしかなかったりと、ぎりぎりに買うのは良くありません。

まとめ

無事に板チョコを買えた人はオリジナルのチョコレート作って気になる男性にプレゼントが出来るように頑張ってください。本命でなくても義理チョコでも受け取った人は喜んでもらえると思います。変に期待されると困る場合もあると思いますので、そんな時はブラックサンダー(人気のチョコ)もおすすめです。

ドラッグストアのポケット菓子コーナーに売ってると思いますので、ぜひ探してみてくださいね。もしドラッグストアへ行けない場合は、上記のチョコレートの画像をクリックするとネットで最安値(レビュー数が一番多いリンク先)に飛ぶようになっていますので、そちらも良かったらご覧ください。

百貨店のバレンタインチョコ情報