【ドラッグストア】

【疑問】ドラッグストアってどんな人が働いているの?

ドラッグストアに勤めているスタッフはどんな人がいるか疑問に思ったことはありませんか?ドラッグストアはお薬が置いてあるお店とお考えの方が多いですが、業界が成長するにあたっていろんな立場の人たちが働いています。その疑問にお答えしましょう。

ドラッグストアで働く人たち

ドラッグストアには薬剤師以外にも、登録販売者、化粧品スタッフ、パートアルバイトスタッフなどが働いています。役職も、店長や副店長、社員、パートアルバイトなど契約状況も様々。それぞれ自分の役割をしっかりこなしているでしょう。

ドラッグストアで働いてみたいけど

実際ドラッグストアで働いてみたい!と考えている人は

「ドラッグストアで何をしたいか?」

によって、取る資格なども変わってきます。

薬剤師ならば大学6年間と国家試験に合格しなければなりません。

登録販売者ならば登録販売者試験に合格しなければなりません。

化粧品スタッフはカウンセリングが出来る知識が必要ですが、研修制度も用意されているところもあります。

パートアルバイトスタッフは、そのお店の店長の面接次第で働くことが可能になる場合があります。

社員の場合は入社試験に合格するか、中途採用試験に合格するかなどがあります。

またパートアルバイトから社員になる場合もあります。

実際お店はどんな形態が多い?(医薬品)

売上の規模にもよりますが、薬剤師がいないお店もあります。(登録販売者だけでお薬を販売しているお店)

その場合薬剤師がいないので、要指導医薬品や第1類医薬品の販売はできませんので置いていません。

指定第2類医薬品や第2類医薬品、第3類医薬品、医薬部外品だけになります。

社員(登録販売者)のお仕事

だいたいのお店の社員さんは登録販売者の資格を持っています。お薬の販売と店の経営を任されています。

店全体を見る必要がありますので、お薬だけでなく化粧品や、日用雑貨、食品なども担当している場合があります。

また、店をまとめる立場上、スタッフへの指示なども任せられている場合があります。

その他の作業として、精算や伝票処理、シフト管理、作業割り当てなどの作成などお店によって様々です。

薬剤師のお仕事

主にお薬の販売や、薬事関係の管理をされています。

薬務課が来た時の対応や、期限管理などもしている場合があります。

要指導医薬品や第1類医薬品の販売は薬剤師のみしかできないので、重要なポジションとなっています。

化粧品スタッフのお仕事

化粧品スタッフはどんな仕事をしているのか?

ドラッグストアではお薬の販売がメインと考えている人も多いようですが、化粧品の割合も大きいです。

その中でも化粧品スタッフは店の中でも重要なポジションとなっているお店が多いようです。

化粧品スタッフのお仕事

化粧品の補充(ラッピング)や発注

接客やメイクのレクチャー

スタッフへの勉強会

など、様々な仕事内容があります。

専門知識が必要になってきますので、各メーカーごとの勉強会に参加したり、車内の研修に参加したりと大事なポジションとなっています。

パートアルバイトさんのお仕事

レジや商品の補充が主になりますが、時間帯によっては開店や閉店作業などもあります。

担当を持っているパートさんもいる場合もあります。

食品や雑貨を担当しているパートスタッフさんは1日の作業割り当てのうち数時間は担当の時間をもらったりします。

アルバイトリーダー

アルバイトの中でもベテランのアルバイトは、補充の指示をしたりする人もいます。学生アルバイトが働く時間帯にまとめてくれるので社員の人にとっては助かる存在です。

まとめ

ドラッグストアではさまざまな人が働いているのがおわかりでしょうか?お店によっては上記にない役割の人もいる場合もあります(早朝納品スタッフなど)

ドラッグストアで働いてみよう!

と思った方は、まずはそのお店をのぞいてみては?雰囲気などがわかると思いますので、いいなと思ったら直接お店に電話してみるなどアクションを起こしてみましょう。

求人を募集していない場合でも面接や採用してくれる場合もありますよ。