【ハゲ対策・発毛育毛】

【知っておくべし】ハゲになる原因4つのポイント!

ハゲにならないための4つのポイントをまとめてみました。生活習慣の見直しチェックです。一度確認してみてください。あなたの見直すポイントが見つかるかもしれません。結果次第では髪の毛が生えるかも。

当ブログの管理人はハゲネタが大好きですが、ハゲというのは主に男性向けと思われがちですが、女性も該当するケースがあります。いくつかの禿げるポイントを把握しておけばハゲの進行を遅らすことが出来たり、毛がまた生えてきたりと可能性が広がります。お薬を使って毛をはやすのも一つの方法ですが、もっと簡単で自然なやり方でハゲ防止に努めましょう。では早速ハゲが気になるあなたに禿げてる人の生活習慣をあげてみましょう。

禿げてる人の生活習慣(チェックポイント)

  • 酒を良く飲む①
  • タバコを吸っている①
  • 油ものが好き(肉や揚げ物など)①
  • 野菜を食べない①
  • 日中常に太陽(紫外線)の下にいる(日焼け止めなどもしない)②
  • 睡眠時間が短い③
  • ストレスをためている③
  • 髪を洗うのは1分ぐらい④
  • シャンプーはたっぷり使う④
  • 親も禿げている

以上のポイントで該当する数が多い人は禿げると思ってください。実際禿げてる人の特徴ですから仕方ありません。「親が禿げている」という項目に関しては遺伝的要素が高いので、何とも言えませんが、それ以外の項目を見直すことで進行を遅らせることが実現できるかもしれません。

見直すポイントをおさらい

上記であげたハゲポイント①~④を今一度見直ししてみてください。

①【酒を飲む】【タバコを吸う】【油ものが好き】【野菜を食べない】

これらの行為は毛根に直接つながっている血管に悪影響を及ぼします。タバコは血管をぼろぼろにします。そして悪い油は血液をドロドロにします。野菜を取らないとビタミンなどの栄養素が体全体に回りません。

②【日中紫外線の中にいる】

太陽の光は体によさそうに思えますが、実は目に見えない紫外線がいっぱい飛んでいます。それらは皮膚などに悪影響を及ぼします。最近ではイケてるメンズたちも日焼け止めを顔などに塗ったりしていますが、頭皮には塗れません。紫外線を浴びると頭皮へのダメージと、毛根へのダメージも大きいです。直接紫外線を頭皮に浴びないように髪はありますが、間をすり抜けます。防止などをかぶって防ぐようにしましょう。

③【睡眠時間が短い】【ストレスが溜まっている】

睡眠時間が短いと神経が休まりません。二つの神経(交感神経、副交感神経)をバランスよく保つこと、仕事でのストレスなどはプライベートの時間などに発散しておくようにしましょう。ストレス社会に生きる人が多いので、若ハゲの方も増えていますので要注意。

④【髪を洗うのは1分】【シャンプーはたっぷり】

論外の項目ですが、髪を洗うのに1分てちゃんと洗えてますか?シャンプーたっぷりつけてますが、ちゃんと落とせていますか?頭皮の汚れは適量のシャンプーでしっかり指先の平でしっかりもみ洗いしましょう。頭皮を人肌ぐらいの音頭のシャワーで温め、頭の皮脂をしっかりもみだして、汚れを落としましょう。シャンプーなどの残りがないようにしっかり落とすことが重要です。また、お風呂から出た後はしっかりドライしましょう。

GagomeボリュームUPヘアエッセンス

以上の生活習慣ポイントをしっかり見直すことで、抜け毛の進行や髪のツヤ、ハリをよみがえらせるポイントとなります。

さらにポイントを見直す(改善案)

①酒タバコを止めるのは当然ですが、油やビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよくとることが望まれます。油に関しては今メディアで騒がれていますが、「サバ缶」に含まれる「EPH」や「DHA」がおすすめです。EPA&DHAはドラッグストアで手軽に手に入ります。


楽天でも上位にヒットするEPA&DHAをあげてみました。モンドセレクション金賞受賞の商品ですので信頼も熱いです。オメガ3の油ですので、サラサラです。中性脂肪や、血圧、LDLコレステロールが高めの方にもおすすめです。

②日中紫外線を浴びている人は必ず日焼け止めや、サンバイザー、サングラスなど、紫外線予防が必要です。日焼け止めを塗ってもらうのは当然ですが、その後のケアも大事です。

おすすめは「資生堂アベンヌウォーター」こちらは男性にも人気の商品になっており、日焼け後のほてりや炎症を沈めたりするのにおすすめです。化粧水や乳液をするのはめんどくさい。だけどこれなら簡単にケアが出来る。という人が多いです。1本でそれなりに長持ちするのでおすすめです。頭皮にも使えます。またアトピー体質の方にもおすすめです。【ドラッグストアでも人気商品】

③睡眠不足やストレスをためている方は、まずは溜めない環境が必要です。リラックスする環境を作ると共に、サプリやビタミン剤で元気になる方法も一つです。最近では「佐藤製薬のユンケルゾンネロイヤル」がストレス性の疲れにおすすめで、よく売れています。

1回2錠を朝晩で飲むと疲れも取れやすいです。それなりの生薬が配合されているので、寝る前に飲むだけでも朝の目覚めが違うのが実感できるでしょう。

④シャンプーを改めるのも方法の一つです。家族のシャンプーをずっと使っていたり、肌に合わないシャンプーを使っていると頭皮にダメージだけが残ります。余分な皮脂までも落としてしまい、頭皮を乾燥させる原因となる場合もあります。自分に合ったシャンプー選びをしてみてください。

 

まとめ

上記で上げた項目を見直した結果、親が禿げていも、禿げていない人の共通点は生活習慣が見直されている人に多いようです。遺伝のせいだ。親のせいだと言わず、生活習慣は本当に正しいのか?食事はカップ麺や外食ばかりになっていないか?など、身の回りを一度確認してみてください。それでもだめなら、クリニックなどに通ってもいいと思いますし、医薬品のリアップやミノキシジルに頼ってもいいと思います。

医薬品のおすすめは以前にも記事にしましたが、こちらを参考にしてみてください。(ジェネリックタイプについてはこちら