【アフィリエイト】

トリリンガル高校生◆まさやさんの月収6桁戦略方法を研究

今ツイッターで話題なのがトリリンガル高校生「まさや」さん
ツイッターを始めて1ヶ月でフォロワー数2000人を突破し、このペースでいけば1年で10000人も達成できると断言されています。

「まさや」さんは今現在高校生で17歳です。
月収はすでに6桁達成。と言うことは10万円以上高校生の身で稼いでいることになります。
実際彼が何をして月収6桁を達成したのか。

ツイッターを始めてわずか1ヶ月で、月収6桁にたどり着いた流れをこの記事で紹介したいと思います。

まさやさんが月収6桁にたどり着いた流れ

まさやさんは元々、英語が苦手で全然できないとツイッターのプロフィールにも載せています。1年ちょっとで英検準1級合格し、韓国語も取得。
受験勉強と、英語ができるようになった経緯などをブログにしています。

高校生という立場と、英語の勉強方法を自己ブランディングとして、ツイッターで発信し、
彼の行動力(ツイッターでの発言)を評価したフォロワーさんがまさやさんを持ち上げています。

まさやさんが波にのる

まさやさんがフォロワーが急に増え始めたのは、「キメラゴン」さんが注目を浴びていたのも一つあります。
キメラゴンさんといえば、高校生で、月収7桁にたどり着いた有名人です。(今では月収700万)
彼の後を追うようにまさやさんは行動しています。

今ツイッター界で注目を浴びているのは、中学生や、高校生。
アルバイトで稼ぐ時代は終わり。義務教育期間でも彼らはお金を稼ぐという行動をしています。
この世の中には、中学生、高校生、大学生(専門学生)、社会人と言う流れが常識とされていますが、
彼らは中学生の立場でもお金を稼いでいけることを証明しています。

彼らの行動は、今までで誰も考えなかったやり方であって、実際稼げていることに大人たちは動揺しています。
彼らの行動は自分自身の商品を生み、彼らの生き方、やり方を商品にすることで、お金を得られています。

まさやさんが成功したツール

彼らが月収6桁や7桁を達成できたのは、あるツールの活用が一つあります。

  • ツイッター
  • ブログ
  • note

以上3つが彼らが使ったツールです。

それ以外のツールは基本使っていません。

ツイッター

最初にまさやさんはツイッターのアカウントを取得し、自分自身の存在をツイッター上のプロフィール設定や、ブログへのリンクで確立。
有益な情報をひたすらツイート。(ここがポイント)

ブログ

高校生と英語の勉強方法という自己ブランディングで、ターゲットを絞り込む。(ここがポイント)
自分にしか持っていない有益情報を確保。

この二つをひたすらに繰り返すのみ。

興味を持ったユーザーたち

ある程度フォロワーが増えてくると自動的に増え続けます。
また、フォロー数とフォロワー数のニアリーではなく、差が開けば開くほど注目を浴びます。
まさやさんが相互フォローをしない理由はそこにあります。

フォロワーが1000人を超えた頃から、まさやさんは次の戦略に移ります。

noteを書く

まさやさんはフォロワー1000人までの経緯をnoteに書きます。
ここが普通の人とまさやさんとの違いです。

「1000人達成したからnoteを書く。」

これなら、1000人達成した人が書けば、注目を浴びるように聞こえますが、
今や、フォロワー1000人を超えている人は山ほどいます。

しかし、フォロワー1000人に到達するまでの期間を載せます。

たった1ヶ月でフォロワー1000人達成」

これだけで注目を浴びます。

1年でフォロワー1000人の人と1ヶ月だと比になりません。

仮に1ヶ月1000人ペースをキープしていれば、1年で12000人です。
(まさやさんは今現在1ヶ月で2000人ペースです。)

「1ヶ月で2000人フォロワーを伸ばしたやり方。」

このようなタイトルだと、注目を浴びますよね。
実際まさやさんが出しているnoteのタイトルは

「半月あれば1000フォロワー!?Twitter完全攻略法」

というタイトルです。

いかにもゲームの攻略本っぽいタイトル。(中学生ならではの発想?)

すでにnoteは売れに売れまくっており、noteを有効活用して、収入を得ています。

売れれば売れるほど注目を浴びるので、今まさやさんは波に乗っています。

それを後押しするかのように、有名ブロガーさんやユーチューバーさんがフォロー。

紹介されることで、さらに拡散され、Twitter界で駆け上がっています。

子供の年収ランキング

キメラゴンさんが有名子役の年収ランキングを上げていました。

1位は芦田愛菜ちゃん。

はい。

億を稼いでいます。笑

それと比べるとまだまだだね。と呟くキメラゴンさん。

しかし、勢い的には上位にランクインしそうな勢いです。なんたって月収700万ですから、12ヶ月で計算すると8400万円(笑)

まさやさんもこの勢いに乗りそうな予感です。

Twitter上で、今注目を浴びている中学生・高校生はキメラゴンさん、まさやさんの他にもいます。

ピヨメットさん。(月収90万円女子高生)2020年1月27日現在

彼女もまた注目を浴びている高校生です。

月間2万pvのブログもされていますが、フォロワー数6000以上。
ユーチューブチャンネルもされています。

今や、ブログだけではなく、

ブログからユーチューブに力を入れる。

文字より動画の方が注目を浴びやすい。

ということにブロガーさんも気づいています。

月収6桁以上の中学生。高校生の共通点

先ほど挙げた3つのツール以外で、彼らに共通する点にお気づきでしょうか?

彼らは未成年であること。それは大人の人から見たら過去に戻ることができないので、今現在できることを考えましょう。

ブログ・Twitter・ユーチューブ・note

これらのツール以上に、必要なもの。

ヒントはツイッターに隠れています。

このブログの最後にその答えをお伝えしますが、まずは考えてみてください。

まさやさんの本名公開!#無益ツイートに隠れる意味

2020年1月27日7時34分にまさやさんは自分の本名をツイートされています。
下田純也(下田まさや)」です。
#無益ツイート

とツイートされていますが、「#無益ツイート」というハッシュタグが入っています。

無益ツイートであるか、ないかはツイッターをされるユーザーが判断したらいい話かもしれませんが、

まさやさんの中ではこの発言が「隠れた戦略」になっています。

今後まさやさんが仮にフォロワー10000人になった時の発言力(インフルエンサー)は大きなものになります。

本名を公開しているツイッターの住人はどんな人がいるか考えてみてください。

有名な人にはマナブさんがいますよね。

その他、フォロワーが10000人以上のユーザーさんの中には、本名で運用されている方も多いです。

彼は先行して、本名公開というアクションを起こしています。

PDCAという有名なサイクルがありますが、

彼はそれを実行しており、本名公開からどのような反応があるか、検証しています。

花開くかは現時点でわかりませんが、フォロワーが10000人達成した時、

彼の戦略が具現化され、キメラゴンさんと同じように花開くでしょう。

ツイッターの画像が本人自身であることも戦略の一つです。

彼は、全てをさらけ出してでもツイッターで成功したい。

そう思う気持ちは誰よりも高いに違いないです。

彼の成長を見届けるも良いし、彼を見習ってアクションを起こすも良いし、

ツイッターは無限の可能性を秘めていますね。