【あるあるネタ】

ドラッグストア従業員はマスク禁止!?

ドラッグストアの店員さんは今の時期(風邪やインフルエンザが流行の季節)にも関わらず、マスクを着用していないところが多いです。それには企業のルールによって定められてるケースが多いです。

マスク着用が禁止されている理由

ドラッグストアのスタッフがマスク着用を禁止されている理由としていくつかがあげられます。

  • 会社の規則・ルールがマスクの使用を禁止している
  • 接客業なので、マスクをしていると声が聞こえない。
  • マスク着用でいっている言葉がお客さんに伝わらない。
  • 風邪をうつされたくないと思われる(お客さんに)

などが、考えられます。

マスクを着用してもいいケース

  • 風邪をひいている
  • 喘息を持っている
  • 上長の許可を得ている
  • 掃除の時だけ

以上、着用していい場合はこのような事例があります。

お客さんはどう思っている?

  • 薬などを扱っているのでいいと思う。
  • 薬屋さんのスタッフが風邪をひいてしまうと示しがつかないからあり。
  • マスク着用が商品の見本となるのでいいと思う。
  • 医者や看護師も着用しているようにドラッグストアのスタッフも着用したほうがいいと思う。

ドラッグストアに務めるスタッフ目線の意見

  • 会社のルールに従うしかない(ルールを破ると怒られる)
  • 自分が風邪をひいたときはマスク着用の許可を上長に得る
  • 就業規則にはないが、接客業としての務め
  • お客さんに以前怒られたので着用しないと決めている

まとめ

会社に勤める以上、就業規則を守る必要があると思いますが、最終的にお客様目線でとらえて、マスク着用をするかしないかの判断をおすすめします。上長の許可が得られるのであれば着用していただいてもいいと思います。その際接客などに支障が出る場合は、接客やレジを交代してもらい、それ以外の作業をするなどの配慮が必要かと思われます。他のスタッフにも協力してもらってクレームなどがないようにしましょう。