【ハゲ対策・発毛育毛】

【薄毛注目】マツモトキヨシで売れてる発毛剤医薬品ベスト5(※なんと女性用のリアップが●●位に!)

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​最近発毛剤がよく楽天で売れてますが、当ブログを経由して購入されてる方が増えてきていると思います。

実際楽天アフィリエイトで100件近く売り上げがたちますが、

ほとんどが3本パックになるので、単純計算で当ブログ経由で

300本近く医薬品の発毛剤が売れているという事になります。​

当ブログは販売店ではなく、最安値のサイトを毎回選んで、

紹介しているに過ぎないので、効果効能に関しては、

各メーカーのホームページや、販売店の薬剤師さんに聞くのがベストだと思います。

では、早速今回はドラッグストアを長年牽引してきたマツキヨさんの

ECサイトを調べてみました。

楽天市場と、各社ECサイトでは順位や価格が変動したりします。

こまめにチェックしておくのがベストかと思いますが、

ネット販売もマツキヨさんは強いみたいなので、

要チェックです。

それでは育毛・発毛部門ベスト5を紹介していきます。

​第1位は​

やはりリアップX5

上の画像は大正製薬公式サイトのリアップですが、
中身はミノキシジル5%のやつです。

大正製薬さんの牙城はやはりまだ崩れていませんね。

ブランドの信頼度もまだまだ高いようです。

​​第2位​​

なんとリアップリジェンヌが堂々2位にランクイン!

女性向けのリアップパッケージとなっているこちら。

女性をターゲットに女性のハゲや薄毛で悩んでいる人に紹介している商品になります。

​店頭でも販売されており、マツキヨさんならビューティーアドバイザーさんも紹介しているのでしょうか?​

そのへんはマツキヨさんの店舗に直接行って調べてみてください。

​第3位​

この暑い季節はリアップジェットが良く出ます。

​ジェットになっている分気持ちいんでしょう。​​

値段もお安いので、リアップX5ほど濃いのはいらないって方にもおすすめ。

第4位

アンファーのメディカルミノキです。

こちらはロートのリグロ同様、あまり人気のないミノキシジル医薬品で当ブログ経由でも紹介していないので、あまり出ないですが、マツキヨさんでは売れている模様。

企業によっては力の入れる所が違うと思いますので、企業差は出てきますよね。

ただアンファーは昔からシャンプーですごく有名です。

​特にスカルプDシャンプーシリーズなんかはいまだに人気!​

育毛剤・発毛剤と一緒に購入される方は多いです。

楽天でも売上No.1をうたってます。

タイプ別でシャンプーも種類があるので、自分の地肌(頭皮)に合ったものを選ぶのがいいでしょう。

うなるとスカルプDシャンプーを選ぶ方は、発毛剤もスカルプDシリーズのメディカルミノキを選ぶ方が多いかもしれませんね。​

ちょっとシャンプーに脱線しましたが、

第5位行きましょう。

第5位

​カ​ロヤンSです。​​

1位~4位はすべてミノキシジルの発毛剤でしたが、
5番目にミノキシジル以外の発毛剤がランクインです!

こちらの商品はだいたいのドラッグストアの男性化粧品コーナーなどにあります。

第一三共さんから出ている医薬品です。

第2類医薬品となっており、ローションタイプ。

発毛促進剤として出ています。

カルプロニウム塩化物水和物

という成分が主成分となっており、血行促進効果などがあるそうです。

発毛促進・抜け毛防止に役立ってくれるでしょう。

リアップに比べると値段も手ごろで、2000円~3000円前後で販売されているお店が多いようです。

​まとめ​

最後にですが、楽天では発毛剤・育毛剤部門ではミノキシジル5%の医薬品の発毛剤が上位に挙がってきていますが、

マツキヨさんではミノキシジル5%以外の発毛剤・育毛剤も上位にランクインしています。(2019年7~8月調査)

結局商品(発毛剤)を買うときに選ぶポイントとしては

①ミノキシジル5%の医薬品を選ぶか、それ以外を選ぶか
②値段が安いもの
③送料がかからないもの
​④店頭で買うのが恥ずかしいのでネットで買う​

という所がポイントとなっているようです。

当ブログも、店頭では聞けない恥ずかしい内容なども

発毛剤を使うユーザー目線で語っていきたいと思います。

​特​に今回の調査で、わかったことは女性のリアップ

リアップリジェンヌが上位であることです。

ここ最近では女性がリアップを購入する理由として、

ストレスや、不規則な生活習慣などから、薄毛などで悩む方も増えてきています。

​「女性は永遠に美しい姿でいたい」という思いがある。​

それを少しでも手助けしてくれるアイテムだと思います。

買うか買わないかは貴女次第ですが、使うときは用法容量を守ってご使用くださいね。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​