ミノキシジル5%配合の育毛・発毛剤後発品「オルケア5」が4980円で「リアップ」や「リグロ」よりお得な件

ついに格安でジェネリックタイプのミノキシジル5%配合の発毛剤が登場しましたね。当初の予想通り、大正製薬のリアップの特許が切れて以降、ロート製薬のリグロをはじめ、無名の製薬会社もジェネリック品を出してきました。今回はそのうちの一つを紹介します。

ついに登場「オルケア5」

税抜価格で4980円です。リアップの定価と比べると3000円ほどお得と言えます。成分は全く一緒の「ミノキシジル」濃度も「5%」と同じです。どうしてこのように後発品が値段が安いのか?次の章でお答えします。オルケアの添付文章はこちら

ジェネリックタイプが安い理由

ジェネリックタイプの医薬品に共通するところは「後発品」「後発医薬品」ということです。後発品(オルケア5やミノグロウ)とは、後から出てきた商品ということですが、先発品の特許期間が切れると、他の製薬会社が真似して作れるというところで、コストをかけずに生産することが出来ます。その為、値段を下げることが可能となり、ユーザーの拡大を狙っています。また、特許が切れた側も、次の特許品を開発する努力をしますので、業界自体が大きく成長するのも期待されています。

先発品の「リアップ」は今後どうなる?

大正製薬のリアップは今後売れなくなる?と思われますが、先発品ならではの信頼度があります。無名のメーカーが作っている製品を使いたくないという方もいるはずです。大手メーカーならではの信頼度が市場を作っています。シェアは少し奪われる可能性がありますが、当分の間はシェア率は一番高いでしょう。

また特許が切れるまでは独占していたため、蓄えはあるはずです。大物タレントを使用して、他のジェネリック品に対抗する策に出るでしょう。

まとめ

ミノキシジルは発毛効果の認められた唯一の医薬品成分です。それらを含む、リアップやリグロ、オルケア、ミノグロウなどはすべてそれらの成分が含まれています。化粧品として登録されている育毛剤とは違います。臨床データに基づいて開発されていますので、そちらをまず確認してみてください。(大正製薬リアップの臨床データはこちら)

また、ドラッグストアで購入する際は、薬剤師が在籍しているか、また出勤している時のみしか購入できません。その点も事前に確認しておくことをお勧めします。

もしお近くにリアップなどが取り扱いがないドラッグストアばかりでしたら、通販で購入もおすすめです。楽天やamazonなどでも購入できます。(対面販売なし)ぜひそちらも検討してみては?