【独り言】

「登録販売者 難しい テキスト 給料 実務経験 試験日 国家資格 になるには 合格後」 検索キーワードを「SEO分析」出る対策は?

今回はアフィリエイトネタになりますが、「登録販売者」とGoogleで検索した時に上位に表示されるには、どのようなキーワードを選択すればいいのかを解説したいと思います。

登録販売者と検索をかけると予測される次のキーワードが表示されます。

登録販売者 難しい テキスト 給料 実務経験 試験日 国家資格 になるには 合格後

googleで「登録販売者」と検索をかけてみると表示される8つのキーワード

「難しい」「テキスト」「給料」「実務経験」「試験日」「国家資格」「になるには」

これらの8つのキーワードが、「登録販売者」というキーワードと一緒に検索される上位のキーワードになります。

「登録販売者」というキーワードだけでは勝てません

SEO対策として、一つの「キーワード」で上位に表示させることは難易度は高いです。

検索SEOで上位に表示させるための関連キーワードが最重要となっています。

ただし、そのキーワードが本当に価値のあるキーワードでなければ意味がありません。

価値のあるキーワードとは、ユーザーが知りたい情報であるかどうかという事。

「登録販売者」というキーワードに対して、「何に興味を持っているか?」が最重要です。

上記の8つのキーワードがヒントにもなりますし、ある意味正解であります。

「登録販売者」とセットで検索されるキーワード1位は「難しい」

ユーザーは「登録販売者」という資格が、「難しい」のかという答えを求めています。

登録販売者 難しい(資格取得についてはこちら

「難しい」のか「簡単」なのかによって資格を取ろうと思うのか、取るのはやめようと思うのかが変わってきます。

資格を取る取らないによって大きく今後の人生も変わってくる出来事なのです。

次に「テキスト」とあります。

登録販売者 テキスト(ユーキャンのテキスト

おそらく、「難しい」を熟読して、資格を取ろうという人が調べたキーワードになります。

資格を取る前に、勉強するにはどんな「テキスト」があるのだろうか?グーグルで検索する人が多いようです。

3番目には「給料」と検索されています。いわゆるメリットです。

 

登録販売者 給料(給料について詳しくはこちら

「登録販売者」を取得する事で、「給料」にどう影響するのか?

給料が「高い」「低い」でそれも今後に関わってきます。

登録販売者 実務経験

登録販売者の制度が変わって、一人として働けるまでの「実務経験期間」について調べているユーザーが多いようです。

答え:実務経験は2年間必要。ただし、過去5年の間に月80時間以上が条件で24か月分となります。

登録販売者 試験日(最新試験情報はこちら

「登録販売者」の試験の日程を調べるユーザーが多いようです。各都道府県で実施されていますが、試験日が決まる2・3か月前に発表されることが多いです。(意外と発表から試験日は短い)

常に情報を仕入れて試験日を確認する必要があるので、検索上位に挙がってくるのでしょう。

だいたいは毎年同じ時期に試験が開催されます。

登録販売者 国家資格

はい。国家資格になります。民間資格ではありません。

履歴書に書ける分としては十分な資格です。

登録販売者が不要な職場でも履歴書の資格の欄に「登録販売者」とあるだけで、面接官の印象が違います。

登録販売者 になるには

「登録販売者になる為にはどうすればいいのだろう?」

登録販売者の資格を初めて調べる人もいるようです。

そのほかの関連キーワード

「登録販売者」とセットでよく検索されるキーワードは他にもあります。

今現在でも、さまざまな情報が調べられており、検索キーワード上位にそれらのキーワードが上がってきます。

また、時期によっては検索キーワードに変化があったりしますので、常に上位で表示されるわけではありません。

当ブログは上位に表示されている?

当ブログは「登録販売者」と検索すると何位に表示されるか?

ちなみに「登録販売者」と検索すると何件ヒットするかという疑問ですが

約 476,000,000 件 です。

多すぎですよね。

これを関連キーワードで絞ってみます。

登録販売者 ハゲ

禿げてる方すみません。

登録販売者がハゲネタを書いたときの当ブログの記事が

検索上位に表示されます。

3位と4位(2019年2月12日現在)

検索キーワードが悪い気もしますが、

「登録販売者」「ハゲ」と検索する人はどのような想いで検索されるのかわかりませんが、

登録販売者になるとハゲるのかな?と思って検索する人がいたり、

登録販売者はハゲる原因に詳しいのかな?と検索する人がいるのかもしれません。

重要なのは、本当に必要な情報なのかであること。

「ハゲ」というキーワードは、当ブログに置いてそこまで重要ではないかもしれませんが、

ユーザーが求めているキーワードに対して答えられている記事や内容であれば検索上位に表示されるようになるでしょう。

よって、一番最初に表示される「難しい」を詳しい情報を提供する事で検索上位に表示されるように記事を作成したり、リライトするのもいいし、

新たな隠れたキーワードを発見して、誰もその記事をつくっていない内容を作成すれば上位に表示されます。

トレンドにもよりますが、もしそのキーワードがテレビなどのメディアに取り上げられたりすると、爆発的に伸びます。

それが一発屋の時もありますが、継続してアクセスがある場合もあります。

SEOの楽しみというのはそこもあるのかと思います。

まとめ

「登録販売者」ネタで検索上位に表示されるには、上位の関連キーワードについて、内容を掘り下げるか、トレンド記事によって一気に上位を狙うかでアクセスされるかが変わってきます。

常に情報は新しくなる時代なので、後者が方法としてはおすすめ。

これから「登録販売者」のキーワードに限らず、何かに対して検索上位を狙うときのヒントにしていただけるといいですね。